アメリカでビジネスを始めて見ませんか?

アメリカのコミュニティカレッジにF-1ビザで留学して1年過ぎると経済的理由による労働許可の申請が出来ます。労働許可を取るとソーシャルセキュリティナンバー(SSN)の申請が出来ます。

@労働許可 ASSN 以上の二つが揃うとアメリカでビジネスが開始できます。

もっと早くビジネスを開始したい場合は

日本でビジネスを開始してアメリカで活動できます。 この場合は活動に制限があります。 1年を過ぎたら労働許可を申請して活動の制限を取り除けます。

2012年07月27日

アメリカ永住権の当選のチャンスを2倍に増やす方法

アメリカ永住権の応募は毎年一人一回だけです。
二回申し込むと応募が無効になります。

夫婦で永住権抽選プログラムに応募すると夫婦のどちらが当選しても永住権が貰えますので当選のチャンスは2倍になります。





ビジネス
アメリカ留学
ファーマネックス
ライフパック
国際ビジネス
ビジネス
国際ビジネス
アメリカ留学
posted by 留学 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(3) | グリーンカード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57265133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アメリカ永住権抽選の応募資格
Excerpt: アメリカ永住権抽選は永住者の少ない国、地域の出身者は応募資格があります。 過去5年間に合計5万人以上の移民をした国の出身者は応募資格がありません。 国籍ではなく出生国が応募資格を左右します。 該当す..
Weblog: グリーンカードでアメリカ留学
Tracked: 2012-07-28 20:38

永住権当選のチャンスが3倍に増えます
Excerpt: 21歳未満の独身の人は自分で抽選に応募し両親にも応募してもらうと自分、父、母のうちの誰でも当選すると永住権を貰えますので当選のチャンスが3倍に増えます。 両親にも一緒に永住権抽選に応募してもらいまし..
Weblog: アメリカ留学
Tracked: 2012-07-28 20:46

アメリカ永住権抽選の応募資格の例外
Excerpt: 応募資格のない国生まれでも配偶者が応募資格のある国生まれの場合は配偶者の生まれた国を「出生国」として応募できます。 同様に子どもは両親の出生国によって資格を得ることができます。 生まれた国が応募..
Weblog: グリーンカードでアメリカ留学
Tracked: 2012-07-28 20:55