2012年07月31日

アメリカ永住権抽選で当選のチャンスを6倍にする

21歳未満の独身ので婚約者のいる人は

自分で抽選に応募し
両親にも応募してもらう
婚約者にも応募してもらう
婚約者の両親にも応募してもらう

自分、父、母のうちの誰でも当選すると永住権を貰えます。
婚約者が当選した場合に婚約者が永住者になる前に結婚すると同じ資格で永住権がもらえます。

婚約者の父か母が当選した場合に婚約者と結婚すれば婚約者は永住権の資格がなくなりますのでこの時点では結婚できません。婚約者が永住者としてアメリカに入国した後で結婚すれば別枠で移民ビザの取得が出来ます。これは抽選による永住権から派生しています。

普通の応募に比べて6倍の当選のチャンスがあります。









グリーンカードでアメリカ留学
グリーンカードでアメリカ留学
グリーンカードでアメリカ留学
グリーンカードでアメリカ留学

アメリカ留学
アメリカ留学
アメリカ留学
アメリカ留学

(小説)航空管制官
(小説)航空管制官
(小説)航空管制官
(小説)航空管制官
posted by 留学 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーンカード

2012年07月28日

永住権当選のチャンスが3倍に増えます


21歳未満の独身の人は自分で抽選に応募し両親にも応募してもらうと自分、父、母のうちの誰でも当選すると永住権を貰えますので当選のチャンスが3倍に増えます。
両親にも一緒に永住権抽選に応募してもらいましょう。








ビジネス
アメリカ留学
ファーマネックス
ライフパック
国際ビジネス
ビジネス
国際ビジネス
アメリカ留学
posted by 留学 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーンカード

2012年07月27日

アメリカ永住権の当選のチャンスを2倍に増やす方法

アメリカ永住権の応募は毎年一人一回だけです。
二回申し込むと応募が無効になります。

夫婦で永住権抽選プログラムに応募すると夫婦のどちらが当選しても永住権が貰えますので当選のチャンスは2倍になります。





ビジネス
アメリカ留学
ファーマネックス
ライフパック
国際ビジネス
ビジネス
国際ビジネス
アメリカ留学
posted by 留学 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(3) | グリーンカード

2012年07月26日

永住権抽選の学歴条件

高校卒業(または同等)以上の学歴が必要です。

通信教育や大学入学資格検定は高校卒業とは認められなく応募できません。


学歴条件を満たさない場合は過去5年以内に、最低2年間の研修や実務経験を要する職業に2年以上従事していることで応募できます。
条件を満たす職業は労働省のO*Net Onlineデーターベースで検索できます。







ビジネス
アメリカ留学
ファーマネックス
ライフパック
国際ビジネス
ビジネス
国際ビジネス
アメリカ留学


posted by 留学 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(3) | グリーンカード

アメリカ永住権抽選の応募資格の例外

応募資格のない国生まれでも配偶者が応募資格のある国生まれの場合は配偶者の生まれた国を「出生国」として応募できます。

同様に子どもは両親の出生国によって資格を得ることができます。

生まれた国が応募資格のない国であっても、両親のいずれもが、あなたの生まれた時にその国の「居住者」でなかった場合には、両親のいずれかの生まれた国をあなたの「出生国」とすることができます。

あなた自身の生まれた国以外を「出生国」とする場合にはE-DVエントリーフォームの#6にその旨明記してください。








ビジネス
アメリカ留学
ファーマネックス
ライフパック
国際ビジネス
ビジネス
国際ビジネス
アメリカ留学
posted by 留学 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(3) | グリーンカード